2009年06月26日

金華山 宮城県石巻市牡鹿半島「金華山」の天気予報

金華山 宮城県石巻市牡鹿半島「金華山」の天気予報
金華山 宮城県石巻市牡鹿半島「金華山」の紹介
↑クリックひらめき

天気:はれ晴れ

気温:25〜27℃

湿度:48〜64%

カラっとはれますexclamation×2

金華山 宮城県石巻市牡鹿半島「金華山」の紹介
↑クリックひらめき
今日は何の日exclamation&question
6月26日

国連憲章調印記念日(国連)、国際麻薬乱用撲滅デー(国連)、雷記念日
露天風呂の日(岡山県湯原町)、ふろの日(毎月)

▲平城京の清涼殿に落雷(930)

▲松前藩領の函館とその付近を上地する(1854)

▲日米直通海底有線電話開通(1906)

▲東京・丸の内の三菱21号館、エレベーターつきの初の貸しビル(1914)

▲国際連合憲章に50カ国以上が調印。国際連合の設立決定(1945)

▲マッカーサー元帥『アカハタ』の1ヶ月停刊を指令(1950)

▲最高検、ロレンス『チャタレー夫人の恋人』押収 (1950)

▲日本初のオリエンテーリング大会が高尾山で。当時の呼称は「徒歩ラリー」(1966)

▲小笠原諸島、23年ぶりに日本復帰(1968)

▲国土庁発足(1974)

▲日本初の比例代表制選挙(1983)


誕生日:
木戸孝充(政治家1833) 
パール・バック(作家1892) 
杉本苑子(作家1925)
スタンリー・キューブリック(1928) 
ジェリー藤尾(歌手・俳優1940)
具志堅用高(元プロボクサー1955)


誕生花:ライラック(白) (Lilac)     
花言葉:美しい契り
金華山 宮城県石巻市牡鹿半島「金華山」の紹介
↑クリックひらめき

DSCN9654.jpg

目お天気用語の豆知識
アウターバンド
解説

外側降雨帯ともいいます。
台風の雨雲は眼の壁雲を中心として、いくつかのらせん状の雨雲の帯からなっていますが、この帯状降雨域のうち、台風の眼の周辺のものをインナーバンド(内側降雨帯)、外側のものをアウターバンドといっています。中心から200〜600km付近に現れます。
posted by つよし at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

金華山 宮城県石巻市牡鹿半島「金華山」の天気予報

金華山 宮城県石巻市牡鹿半島「金華山」の天気予報
DSCN9737.jpg
金華山 宮城県石巻市牡鹿半島「金華山」の紹介
↑クリックひらめき

天気:小雨小雨

気温:19℃

湿度:98%

今日は梅雨らしい天気です。

そして、今日は夏至ですexclamation×2

夏至とは・・・夏至(げし)は、二十四節気の1つ。6月21日ごろ。およびこの日から小暑までの期間。

太陽黄経が90度のときで、日本の大部分では梅雨のさなか。北半球では一年中で一番昼が長く夜が短い日。旧暦五月中。『暦便覧』には「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以てなり」と記されている。

春分から秋分までの間、北半球では太陽は真東からやや北寄りの方角から上り、真西からやや北寄りの方角に沈む。夏至の日にはこの日の出(日出)・日の入り(日没)の方角が最も北寄りになる。また北回帰線上の観測者から見ると、夏至の日の太陽は正午に天頂を通過する。夏至の日には北緯66.6度以北の北極圏全域で白夜となり、南緯66.6度以南の南極圏全域で極夜となる。

なお、1年で日の出の時刻が最も早い日・日の入りの時刻が最も遅い日と、夏至の日とは一致しない。日本では、日の出が最も早い日は夏至の1週間前頃であり、日の入りが最も遅い日は夏至の1週間後頃である。

また、南半球では昼と夜の長さの関係が北半球と逆転するため、天文学的な夏至とは別に、慣習的に「一年中で一番昼が長く夜が短い日」のことを夏至と呼ぶことがある。すなわち、南半球が慣習的な意味での夏至を迎える日は北半球での冬至の日にあたる。

夏至の日に無花果田楽を食べる風習がある地域もある。

金華山 宮城県石巻市牡鹿半島「金華山」の紹介
↑クリックひらめき
-------------------------------------------------------------
今日は何の日exclamation&question 6月21日

スナックの日(全日本菓子協会)

◆夏至(二十四節気のひとつ。陽熱が最も高くなり昼間の最も長い日)


▲大伴家持、越中守になる(746)

▲高床式の校倉作りで有名な正倉院に聖武天皇の遺品が献納(756)

▲義経、平宗盛を討つ(1185)

▲アメリカ独立憲法、施行(1788)

▲日本がユネスコとILO(国際労働機関)に加盟(1951)

▲近畿日本鉄道、冷房特急の運転開始(1957)


誕生日:
サルトル(哲学者1905) 

フランソワーズ・サガン(作家1935) 
   
長山藍子(女優1941) 

鈴木ヒロミツ(1946) 

山崎哲(作家1946) 
   
都倉俊一(作曲家1948) 

長谷川初範(俳優1955) 

松本伊代(タレント1965)


誕生花:月見草 (Evening Primrose)     

花言葉:自由な心
--------------------------------------------------------------
詳しくは・・・
金華山 宮城県石巻市牡鹿半島「金華山」の紹介
↑クリックひらめき

DSCN9646.jpg
posted by つよし at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

金華山 参拝日記 その4 6月1日 金華山〜蔵王

金華山 宮城県石巻市牡鹿半島「金華山」の紹介
↑クリックひらめき


'08年 6月1日(火)

6時、起床!快晴

ちょっと二日酔い気味だ。。。ふらふら

祈祷殿に行くと、上山田温泉のご主人集がもういた。

早朝参拝の1番のご祈祷は30分くらいだったと思う。

吹きさらしなので、頭が冴える。

お神酒をいただき、お札をいただいて朝食。レストラン

いたってシンプルで美味しい。

船の出発までの時間まで約1時間、お社の写真を撮った。

素敵な写真が多数撮れた。映画

ありがたいコトだ。

マイクロバスで金華山港まで送ってもらい、

お土産を購入。

なべちゃん号に乗ると

「金華山一周しないか?」

と提案されて、快諾。

おかげで、千畳敷・千人沢・金華山灯台が見れた。

やっぱりご利益〜ありました!

この後、鮎川港に戻り、宮城蔵王に向かった。

快晴のもと、お釜がクッキリと見れた。

帰り道、立ち寄り温泉に入浴した。

素敵な岩風呂を満喫した。いい気分(温泉)

木朱さんとヨウコさんを仙台空港まで送った。

ここで、ビールと牛タンを頂いた。

牛タン・・・うましexclamation×2


島全体が黄金山神社の神域という古くから信仰の島。

青森の恐山、

山形の出羽三山

と並ぶ奥州三霊場の一つに数えられている。  

「三年続けてお参りすれば一生お金に困ることはない」

三年続けてお参りを誓った。

誘ってくれた・・・木朱さん、ありがとうございます!

ヨウコさん、楽しかったネ、感謝です!!

詳しくは・・・
金華山 宮城県石巻市牡鹿半島「金華山」の紹介
↑クリックひらめき

DSCN7717.JPG
posted by つよし at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 金華山旅行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。